京都熟女AV嬢と動画の遍歴

20代以上の男性ならば、近年のAVの充実度について非常に驚いていることではないだろうか。インターネットやDVDといったものが普及する依然はエロビデオをレンタルショップで借りるか、アダルトショップで買うか、カタログや雑誌を見て注文する以外エロ動画を見る機会がなかった。
それが今では年間数千本のAVが制作され、多くの人に鑑賞されている。何よりもこの市場拡大はインターネットによるところが大きく、WEB上でサイトを作ることでエロコンテンツを店舗いらずで配信することができ、またその訪問者数で料金が発生し、動画投稿サイトに投稿することでAVの販売を促進するなどのビジネススタイルができあがった。
これに伴い毎月いくつものAVを制作する必要があり、女優となる女の子の数も常に足りないような状態でどんどん募集することになった。AVは基本的には消費物なので、1回か数回見たAVは飽きられて捨てられ、忘れ去られていく。ゆえにAVはどんどん制作する必要があるのだが、AVはメーカーとの契約をする単体女優と、AV企画ごとに出演する企画女優や単発ものと収入が全く異なる。単体女優系のAVは毎月コンスタントにAVを制作していくため、1年またはそれ以上飽きられない女優でなければならない。ファンの獲得も必要で、AV撮影以外にもエロ雑誌のヌード撮影やファンとの交流会もする。最近では深夜番組に出るような機会もあって、その容姿はタレントや女優とも変わらないレベルです。
簡単に高収入を得たいという理由で普通の大学生やOL、人妻などがAVに出演するようになり、AVは女優物も素人物も充実してきている。また口コミで「AVなんて顔隠してもらえばバレないし、1発やれば数万~10万位もらえるよ。」と、あまり性への抵抗がない女の子たちが気軽にAVに出るような傾向が進んでいる。
動画投稿サイトの発達によって、AVメーカーを通さなくても個人メーカーをサイト上で作って、個人で撮影したAVを反映して収入を得ているような人も増えている。自分たちのセックスを撮影して販売するようなカップルがいたり、ライブ配信で自分のオナニーを見せて課金したり、エロコンテンツの形は多岐に渡り、毎年のように新しいスタイルのAVが生まれている。
近年ではリベンジポルノや、過去のAV出演経歴から就職内定の取り消し等の問題が発生しているように、女の子のエロに対する抵抗の薄れから事件に発展するケースが増えている。今後の規制強化や女の子の認識の変化もあるだろうか、とにかく今のこのAVの盛り上がりを堪能しておきたい。
そして今は容姿レベルの高い京都熟女AV嬢と、風俗店で遊ぶこともできる。